真空広域恒温装置(スペースチャンバー)

真空広域恒温装置(スペースチャンバー)

■本装置は、主に宇宙開発材料及びコンポーネント等の寿命試験等の実験を目的として開発されたスペースチャンバーです。広領域にわたる安定した圧力、また、すぐれた恒温性を発揮します。PHIL の超高真空技術、低温技術の集積です。

主仕様


使用温度範囲 -65℃~+150℃
到達圧力 ×10-4 Pa
排気系(全自動式) a.ロータリーポンプ USW-650N
b.ターボ分子ポンプ TH-1500
c.各種ニューマチックバルブ
冷却装置 二元冷凍冷却システム
加熱装置 高真空マイクロヒーター加熱システム
チャンバー内寸法 φ700×L800mm (SUS 304)
供試体収容空間 φ300×L400mm